2019年03月31日

栗山町青年農業賞*正井氏が受賞






 平成30年度の栗山町青年農業賞および勝部徳太郎夫婦賞の表彰式が3月29日、カルチャープラザEkiで行われ、雨煙別地区の正井博美さん、雅子さん夫妻が受賞しました。
 青年農業賞は、本町円山地区で小麦の大型農業経営に成功した故勝部徳太郎氏が平成元年、本町の農業後継者に未来を託したいとして浄財を寄附。町ではこの意志を受け、毎年優秀な農業後継者を表彰しています。








 正井さんは平成9年に後継者として就農。平成30年には経営移譲を受け、現在は農地約72ヘクタールで高品質農産物の生産に努めています。








 正井さんは受賞の挨拶の中で「今後は、さらに安定した経営ができるよう努力し、高品質な農作物の生産を図っていきたい」と抱負を述べました。




「勝部徳太郎夫婦賞」について
 栗山町字円山に入植された故勝部徳太郎翁(明治38年から平成8年(91才))は幾多の困難を乗り越え、小麦の大規模農業経営に成功されました。
 平成元年、本町の若き青年たちに農業の未来を託すべく翁から貴重な浄財を受け、栗山町農業後継者顕彰基金を創設し、未来ある農業青年に勝部徳太郎夫婦賞を贈り、顕彰することとしています。