2019年07月16日

農業の現場体験*北大生が町内農家で調査実習






北海道大学農学部農業経済学科の2年生27人が、令和元年7月12日から14日までの3日間、栗山町で農村調査実習を行いました。








農村の生活や実際の農作業を体験することを目的に今年で22回目。はじめに、役場会議室で栗山町農業の特色や公社の取り組みについて学習。








その後、10戸の農家に分かれ農作業を体験しました。








最終日にはハサンベツ里山作業にも参加し、町民との共同作業に汗を流しました。